うちの子のごはん

先日、久しぶりに長崎鼻パーキングガーデンに行ってきました。

お目当てはもちろん、大型インコ、オウムたち。

ベニコンゴウにルリコンゴウ、オオバタン・・・。

    

いつかは飼ってみたい憧れの存在。

ただ一般住宅街では余りある雄たけびと大量の脂粉に、

なかなか一歩踏み出せませんねぇ。

以前はなかったような、腕に乗せる体験もさせていただき、

いい休日を過ごせました。

 

我が家に帰って、ウロコの鳴き声が控え目に感じますが、

至近距離だと鼓膜が痛い・・・。

表題の件ですが、鳥の餌というと、粟とか稗などのシード類ですが、

これだと、カルシウムやビタミン、アミノ酸が不足気味。

それを補うために青菜類やカルシウム剤、サプリメントなど、

色々バランスよく与えないといけません。

そこでおすすめするのが、ペレットとよばれる食事。

メーカーにもよりますが、基本的にはこれだけで栄養基準を満たす

総合栄養食と言えるでしょう。

 

当院のインコたちが食べているのは、ラウディブッシュ社のメンテナンス

時々、自家栽培の小松菜とルッコラをあげていますが、

ウロコのワラビが特に好んでいるおやつが、

ラフィーバ社のTropical  Fruit  Nutri-Berries

ペレットとパパイヤ、パイナップル、マンゴー、シード類で出来たもので、

ペレットへの切り替えにも効果がある、かも・・・。

 

手から受け取るというより、もぎ取るようにして奪っていきます。

ただ、他の動物でも言える事ですが、うちの子も例に漏れず、

好きなものだけを食べて、残りは残骸となって打ち捨てられています。

あくまでも補助として与えるのがいいかと・・・。