ホーム
ニュース
診療案内
院内設備
病院の仲間たち
トリミング
お問合せ先
   
 


【待合】

 ゆったりとした空間を皆さんに提供したいと思います。


*ワンちゃんはリードをつけて、ネコちゃんはキャリーに入れてお待ちください

【受付】

 ご来院時は診察券をお出しください。



【診察室】

 全身の身体検査を行い、病気の予防・治療法など、丁寧な説明と飼い主さんの同意の下で

(インフォームド・コンセント)治療を行っていきます。


 

【処置室】

 治療薬や手術の準備などを行います。

 また、超音波診断装置を使い、心臓や腹部臓器の検査を行います。

  TOSHIBA  NEMIO-XG

 

 


【手術室】

 全身麻酔下での手術を行います。

 麻酔中は生体情報モニターにて、動物の状態をチェックします。


  フクダME バイオスコープ AM-120


ellman  サージトロンdual EMC


高周波ラジオ波メス

  従来の電気メスに比べ、組織に対してより小さい抵抗で作用し微細性に優れた切開が可能。

  また、レーザーに比べ、繊細なエネルギーは細胞単位で水分子にのみ作用し、白く煮えたような

 凝固が可能になりました。


 麻酔器

 人工呼吸器

 超音波スケーラー

 マイクロエンジン

 高圧蒸気滅菌器


【レントゲン室】

 デジタルレントゲンを導入することで、レントゲン撮影時の動物への苦痛を軽減し、

現像機を必要とせず廃液が出ないため、環境にも配慮できるようになりました。


 FUJIFILM FCR PRIMA V


【検査室】

 血液・糞便・尿検査などを実施し、症状を言葉で訴えることのできない動物の病気の原因を

いち早く見つけることができます。


 SYSMEX   pocH-100iV


  FUJIFILM  DRI-CHEM 4000V


  遠心機

【入院室】

 ご自宅では治療が困難な動物をお預かりして、治療および状態を観察します。

 輸液ポンプ  シリンジポンプ

 酸素濃縮器